シルキークィーンの使い方は?男性や顔、デリケートゾーンにも使えるの?

シルキークイーン 使い方

 

天然植物由来成分が10種類も配合されたシルキークィーン

 

埋没毛や毛穴の赤みなどの足の悩みの他、美白成分が入っているので、ひざ下の黒ずみやブツブツなどのお悩みにおすすめ☆

 

ですが、きちんとした使い方ができていないのでは?と余計な悩みが増え、正しく使えているか不安になりますね。

 

シルキークイーン 使い方

 

もしかしたら効果を最大限に発揮できていないかもしれません。

 

シルキークィーンは塗るだけでも黒ずみ対策ができますが、工夫次第で効果がさらにアップします。

 

ここでは基本的な使い方と、より効果的なシルキークィーンの使い方をご紹介します。

 

シルキークィーンの効果的な使い方

 

まず、基本は朝と夜の1日2回、毎日必ず塗りましょう。

 

忙しい朝は簡単なケアを☆

 

朝のお手入れ方法として、片足なら1プッシュの量(サクランボくらいの大きさ)を手にとって、気になる足の部分に塗り伸ばします。

 

クリームをお肌に馴染ませるとさらさらになるので、服に付くこともなく手軽に足の保湿ができます。

 

 

ササっと伸ばして塗るだけでさらさらになり、潤いが夜まで続きます。

 

個人的に使用した感じでは、

  • ひざ下は1プッシュが片足分
  • 二の腕の部分には1プッシュで肩からひじまで
  • わきは1プッシュだと両脇に使えます。

このくらいの量で使ってみると、ベタベタもなくしっとりします。

 

でも、節約して少なめに塗ってしまうと、効果が感じられないかもしれないので、適量をしっかりつけましょう。

 

夜のお手入れは、しっかりと。

 

入浴後がおススメです。

 

朝と同じ片足1プッシュの量を手にとります。

 

シルキークイーン 使い方

 

温まった肌は毛穴が開いているので美容成分の浸透が良く、両手を使って軽くマッサージをしたり、両手でおさえてゆっくりとクリームを馴染ませましょう。

 

乾燥が気になる時は、うすく塗り重ねると良いですよ。

 

ブツブツが気になる方は、

  • ゴシゴシと肌をこすって洗わないこと。
  • ムダ毛処理は、電気シェーバーやトリマーなどがおススメ。
  • シルキークィーンを塗って保湿してから、ムダ毛処理を行うこと。
  • ムダ毛処理後は、濡れたタオルでクールダウンしてからシルキークィーンを塗る。

電気シェーバーではなく、かみそりを使用してムダ毛処理をする場合は、片足2プッシュの量のクリームを使うとかみそり負けを防げます。

 

かみそりは3枚刃ではなく、1枚刃を使いましょう。

 

 

シルキークィーンを1日2回、ひざ下に使った場合、朝と夜の毎日つけても1ケ月使うことができます。

 

ちなみに同封の説明書には、シルキークィーンを使った時の変化が紹介されています。

 

  • クリームを付けた翌朝は、お肌がスベスベに。
  • 1週間使い続けると、カサツキが減少。
  • 2週間後には、モチモチしたお肌に。

など、自分の肌の変化が実感できます。

 

シルキークィーンは顔にも使えるの?

 

足以外では、うで、脇、顔に使用できます。

 

が、元もとはひざ下の肌ケアとして作られているので、お顔に使いたい時は、必ずパッチテストをしてください。

 

パッチテストの方法
  1. 二の腕の内側をせっけんで洗い、清潔にしてからタオルで優しく水気をとります。
  2.  

  3. 試したい化粧品を約1pの円になるくらいの量をとり、きれいに洗った二の腕の内側に塗ります。
  4.  

  5. 30分後に塗ったところが赤くなったり、かゆみなどの症状が出ていないか確認をしましょう。
  6.  

  7. 問題がない場合は、1〜2日間ほど塗ったままで過ごして様子を見ます。
  8.  

  9. パッチテストを行っている時は、できるだけ入浴はしないようにしてください。
  10.  

  11. やむを得なく入浴をする時は、塗った個所を濡らしたりこすって触ったりしないでください。
  12.  

  13. 洗顔料を使って落とす場合は、耳かき1杯分の洗顔料を小さじ1杯分の水に溶かすといったように100倍くらい薄めてから行ってください。

パッチテストをした後、特にお肌に目立った変化がないようなら、問題がある可能性は少ないと言えます。

 

でも、お肌は敏感なので、体調がすぐれなかったり環境が変わることで急に合わなくなることもあります。

 

シルキークィーンの埋没毛への効果は?

 

ムダ毛の処理を自己流で行うと、埋没毛ができてしまいます。

 

毛の剃りかたは重要で、剃った後は必ず保湿を行いましょう。

 

決して埋没毛を毛抜きで抜いてはダメ。

 

シルキークイーン 使い方

 

毛抜きは皮膚もつまんでしまうことがあり、お肌を傷つけてしまうため、使わないようにしましょう。

 

シルキークィーンは、高保湿成分配合なので、クリームで保湿して自然に皮膚が剥がれるのを待てばいいのです。

 

シルキークィーンを使うことで、

  • 肌の保湿が期待できる。
  •  

  • 皮膚再生を早める。
  •  

  • グリチルリチン酸2Kが赤みの炎症を和らげる。
  •  

  • さくら葉やカワラヨモギの成分が痒みを防ぐ。
  •  

  • 黒ずんだ肌が目立たなくなる。

などの効果が期待できます。

 

シルキークィーンはデリケートゾーンにも使えるの?

 

成分の配合上、デリケートゾーン(VIOゾーン)には使えません。

 

トラブルを防ぐためにも、専門のお店できちんとした処置をしてもらうことをおススメします。

 

シルキークィーンは男性にも効果あり?

 

男性用のシェービングクリームやアフターシェービングローションには、抗炎症や殺菌作用のアルコールが入っているので、アルコールを使っていないシルキークィーンでは、物足りないかもしれません。

 

ですが、炎症を抑えるので、荒れたお肌をケアしたり乾燥から守ってくれるといった効果が期待できます。

 

シルキークイーン 使い方

 

アルコールで肌が荒れてしまう人や、敏感肌の方にはピッタリです。

 

ヒゲをそると赤くなって荒れたり、ヒリヒリする人は一度試してみては?

 

保湿成分で顔のテカリをおさえてくれて一石二鳥ですよ。

 

シルキークィーンの効果的な使い方・まとめ

 

普通に埋没毛をケアしようと思って、ネットで検索してみたら、

 

手軽で安心に埋没毛を出したい時は、クリームで保湿することが一番おススメです。

 

入浴後は毛穴が開いている状態になるので、保湿をすることにより毛穴をゆるめることができます。

 

さらにクリームを手で塗ることで摩擦が起こり、埋没毛が出てきてくれます。

 

いつも使っているクリームや化粧水でも良いので、必ず毎日保湿を忘れないでください。

 

尿素が配合されたクリームや埋没毛に特化したクリームを使えば、さらに効果が実感できます。

 

と書いてありました!

 

シルキークィーンは埋没毛に特化したクリームなので、まさにお手入れにピッタリのクリームと言えますね☆